西五反田 不動前 桐ヶ谷通り歯科 矯正歯科

矯正歯科

矯正歯科について

当院では、矯正専門医が月に1回診療し、成人・小児いずれの矯正治療も行います。

歯並びを整え、正常な噛み合わせにします

矯正治療とは、悪い噛み合わせや歯並びを治す治療のことで、矯正装置を用いて、歯に一定の力を加えることにより、人工的に正しい位置まで動かし、上顎と下顎の歯並びを整え、正常な噛み合わせにします。
噛み合わせが悪いと、歯がよく磨けず、むし歯や歯周病になりやすかったり、よく噛めないため胃腸に負担がかかったりします。
歯並びを整えると、こうした問題が解決するとともに、見た目が美しくなる、正しい発音や呼吸ができるようになるなど、良い影響がもたらされます。
以下のような症状はありませんか?

  • 下の前歯が、上の前歯よりも前に出ている(下顎前突)。
  • 上の前歯が、前に突出している、または下顎が後退している(上顎前突、下顎後退)。
  • 犬歯が飛び出し、歯列からずれている(八重歯)。
  • 歯を咬み合わせた時に、前歯が咬み合わずに開いてしまう(開咬)。

――以上のような症状が当てはまる方は、お気軽にご相談ください。

子どもの矯正治療

小児の場合、歯並びが悪いと、むし歯や歯周病になりやすくなるのはもちろん、正しい顎の成長の妨げになったりもします。
大人と違って、成長過程にある子どもの矯正の場合は、始めるのに適した時期があります。子どもの歯や顎は柔軟性が高いため、歯列矯正の効果が大きく、歯も移動させやすいものです。乳歯から永久歯に生え変わる時期、つまり小学校に上がる頃に始めると、永久歯が生え揃っていないため、矯正に必要な歯のスペースを十分に確保することができますし、ある程度、顎の成長をコントロールしながら矯正を行うことが可能です。そのため、治療もスムーズに進みます。
小学校に入って、歯並びや顎の噛み合わせで異常がある場合は、早めに矯正を始められるよう、お勧めいたします。
お子様の歯並び矯正について、お口の状態、成長に合わせた治療法をご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。

当院では以下のような矯正治療も行っております(矯正専門医による治療)

歯並びというのは、その全てが遺伝によって決まってしまうわけではありません。
特に「呼吸」の影響が大きく、その仕方が悪いと、唇やほお、舌といった口の周囲の筋肉の使い方のバランスが変化してきます。その結果、あごの成長が足りなくなって、歯並びが悪くなってしまう、ということもあります。さらに「呼吸」は、全身的な健康や、睡眠、性格、学習といったことにまで影響を及ぼす可能性があります。
呼吸を考えた歯並び治療では、悪い歯並び、あごの成長不良が起こってしまう原因や、悪い習慣を直すことを第一に考えます。
悪くなった歯並びだけを対象にするのではなく、歯並びが悪くなってしまう原因となる「呼吸」自体を直して、より自然に、より健康に成長しましょう、ということです。

矯正(歯並び)治療の流れ

1. 問診票の記入
患者様の歯並び治療のための情報をお伺いします。
2. 資料を集める
お口の中の写真、お顔の写真、あごの骨全体のレントゲン、あごの骨の成長具合がわかるレントゲンを撮影します。
3. 診断の結果をお伝えする
集めた資料を分析し、診断、費用、期間についてお伝えします。どんなことでもご相談ください。
4. 歯並びの治療を始める
現在の状態に合った装置を用いて治療を始めます。習慣を変えるためのトレーニングも、少しずつ進めていきます。1ヶ月に1度程度のご来院になります。
治療期間は1~2年くらいですが、延びるケースもあります。
5. 歯並びの治療の終了
歯並びだけでなく、呼吸の習慣がしっかり変われば、治療は終了です。
6. メンテナンス
治療後の歯並びをよりよく保ってくれるのは、あなたの「新しい習慣」です。
3~6ヶ月に1度くらいの間隔で、習慣が戻っていないかを観察していきます。

MRCトレーナー矯正

トレーナー装置という柔らかいシリコンでできたマウスピースを使用しながら、呼吸や口の周りの筋肉の習慣を直していく矯正方法です。
マウスピースは、お口の中の状況に合わせて、最適なものを選びます。取り外し式ですので、起きている時1時間以上と、寝ている時にはめて使います。使い続けることで、少しずつ呼吸や歯の周りの筋肉が変わってくることで、自然と歯並びも治ってきます。
今までの習慣をなるべく早く変えるためのトレーニングも一緒に行っていきます。
固定式の装置とトレーナーを併用して治療していくケースもあります。

ふじみ歯ならびクリニック

ワイヤー矯正

歯にブラケットという装置を取り付け、そこにワイヤーを通して少しずつ歯を動かしていく、いちばん標準的な矯正法です。ブラケットにはあらかじめ角度が付けられているため、歯の適切な位置にブラケットを装着すれば、あとは自動的にワイヤーが歯を動かし、理想的な歯並びになっていきます。一般的に「矯正」と言う場合は、この方法を指します。
ワイヤー矯正は歯にブラケットを付けなければならないため、見た目が良くありませんが、ブラケットには金属以外にも、透明なプラスチックやセラミックでできたものもあります(クリアーブラケット、セラミックブラケット)。

部分矯正(MTM)

動かす歯を1本~数本に限定して矯正治療を行う方法です。
通常の矯正は多数の歯を動かすため、治療に2~3年の治療期間が必要になりますが、部分矯正では、動かす歯を1本~数本に限定して矯正を行うので、補綴処置を組み合わせれば、半年程度で症状を改善できます。
ただし、部分矯正はすべての症例に有効なわけではありません。しかし短期間で施術することができますし、補綴治療(銀歯やブリッジの治療など)やインプラント(人工歯根)治療を行う際に、歯の位置や傾斜などの歯並びの一部を事前に修正する場合や、隙間が開いている前歯を移動させる、傾いている歯をまっすぐにする、などの場合に有効な治療法です。

  • 診療予約フォームはこちら
  • モバイルサイト 携帯サイトへのアクセスはQRコードからが便利です
  • 不動前 桐ヶ谷通り歯科 フェイスブック
  • 患者の気持ち
  • ふじみ歯ならびクリニック
  • ポリリンプラチナホワイトニング